自炊後の本を処分する為にシュレッダー購入

レジストリから削除しadministratorのアクセス拒否で一発

本ページの内容は、レジストリをいじる事になるので、手を加える場合は自己責任でお願いします。

また、私は、その辺詳しくありませんので暫定的な対策であり、別メニューでの再現性がどの位あるのもかわかりません。

お察しの良い場合の備えとして、先に結論を申し上げておきます。
その方法は、”例の如く”復活したレジストリキーをいつもの手順で削除して、後は、該当フォルダにアクセス拒否の蓋をするだけで完了です。

同じ問題を抱えている場合は、これで理解いただけると思います。

この方法について、色々と情報を探しましたが、全く見つかりませんでした。
検索結果がおかしいのか、それとも、こんな事の解決方法を探している人がそもそも居ないのか…。

実際は、簡単すぎる手順なので、問題にすらならなかったのでしょう。笑

ここから本題

まず、私がしたかった事ですが、エディターをプログラムに適用している状態のhtmlファイル。これをキーボード操作のみでブラウザ確認をしたいという事です。

要するにこういう状態です。

「index.html」のファイルは、エンターで直接エディターが立ち上がります。
そして、このファイルをブラウザでチェックする時、コンテキスト(右クリック)メニューからすんなり表示できるという感じです。

元々は、Firefoxの上にエディターが有ったのですが、一手間増やす邪魔者でしか無かったので、レジストリキーを削除しました。

この削除方法は、下記URLを参考にしています。
http://www5f.biglobe.ne.jp/ayum/sample/fromp.html

解説されているサイトでは、「.gif」が最終ですが、同じ並びの「.html」でも同じように操作できます。

とても簡単。

と、この通りにやれば、「コンテキストメニュー」→「プログラムから開く(H)」→「Enter(ブラウザソフトがメニューの一番上)」で手間が減る。

実際にやってみると、削除され解決しました。

なのですが、とある原因でまた復活します。

その原因は、エディターを立ち上げた時。
何度レジストリから消しても復活します。

という事で、ネット検索でもMicrosoftのフォーラムでも答えが見つけられなかったので、サポートに問い合わせしたら、技術サポートは管轄外という事で「Technet フォーラム」という技術専門的なフォーラムを案内されました。

早速、スレッドを立ち上げ数日。

回答:「アクセス許可を書き込み拒否にする」

この一言で解決しました。笑

という事でその方法です。

  • 0.(例の如く)OpenWithList内の該当するキーを削除
  • 1.OpenWithList(フォルダ)を右クリック
  • 2.アクセス許可(P)を選択
  • 3.administratorsを選択
  • 4.フルコントロール→拒否にチェック

以上。

この設定移行、毎度のように復活していたメニューがピタリと収まりました。

尚、回答の中には、「それキャッシュだから復活して当然だよ」的なご指摘もあったのですが、その辺は、良く理解していません。

何であれ、「プログラムから開く」で不要なメニューを消したが復活する場合には、「上記URLの方法」+「アクセス許可の設定を変更」で大丈夫そうです。

ちなみに、最初は、表示される全てのユーザーを拒否にしたのですが、一つずつ確認して、最終的にadministratorsのみで大丈夫だったという具合です。

この辺の認識すら微妙ですが、まあ、問題は解決できたので良しとしてます。