コンパクトなプリンター探し

サイズで何となく買ってみたPIXUS IP100

以前は、エプソンの複合機「EP804A」を使用していたのですが、利用頻度が少ない割に場所をとるので、引っ越しのタイミングで実の弟に譲ってしまい、それ以降は、プリンターが無い状態になってしまいました。

そんな、利用頻度の少ないプリンターを必要とするタイミングが時々やってきます。

インターネットで航空チケットを購入した時の領収書がメールのデータでしか送ってもらう事が出来ず、仕事の関係上そうした書類を残しておかなければいけないのでプリンターの必要性が再浮上。

最近、PDFで済ます業者が増えていますね。

そこで、場所も取らずに持ち運びにも向いている、コンパクトサイズのプリンターを購入しようかなと検討していました。
いわゆる必要最小限の妥協案です。

量販店で下調べして、サイズ的に妥当な選択肢であるCanon PIXUS iP100となったわけです。iPadと比べると、箱だとこの位です。箱は小さいです。
(楽天で21,970円で購入)

本体も小さいです。
これで、カラープリントできるなら、多少処理が遅くても許せます。
ただし、このプリンターは「ん?」な所も色々とあります。

  • 赤外線通信機能が付いている。(使う事あるかな?)
  • ACアダプタ差込口とPCとつなぐB型のUSBソケットが反対サイドに付いている。
  • 本体は小さいけど、ACアダプタがでかい。
  • USBケーブルは付属していないので、持っていないとセットアップが進まない。
  • Bluetoothアダプタは別売りで非常に高い。

左がノートパソコンのACアダプタ。
右がiP100のACアダプタ。

本体は小さいのに、その分アダプタが大きくなってしまうと、持ち運びの際のかさばりという点では、あまり意味が無いような気がしなくもありません。

無線通信に関しては、赤外線とBluetooth対応との事ですが、Wifiがあれば良かったなと率直に思いました。情報の秘匿性なんちゃらでは赤外線の方が有利との事ですが、今の通信を考えるなら、Wifi一つで十分な気も・・・。

EP804Aの時は、Wifiルーター「DATA08」経由でプリントアウトできたので楽でした。

Bluetoothは、USBアダプタを別で購入しなくてはなりません。
その価格は、キャノン製品(BU-30)で8千円以上。
ぶるーとぅーすあだぷた1個ごときに高すぎます。

別途USBケーブル(AtoB)と専用のUSBアダプタ(BU-30)を定価で購入すると、それだけで1万円かかります。この通り、アダプタのサイズもでかい。

という事で市販品がベスト。

尚、市販のBluetoothアダプタでも問題無いので、バッファローなら2個で2千円程度で購入出来ます。私の場合は、パソコンに機能が無いので、PC用とプリンタ用で2個。

このように縦置きも出来るようなので、場所も取らずに良いのですが、USBアダプタのサイズや価格といい、なんとも惜しいなという感じがしてしまいました。

何はともあれ、USB経由で初期動作の確認。
カラープリントもしてみましたが、この写真じゃわかりにくいですが、均等にうっすらとつなぎ目が見えます。写真のプリント目的で使用する事はほぼ無いので良いのですが。

つづいて、Bluetooth経由でのプリントアウトに挑戦してみます。
いくつか、設定ポイントがあるので、その辺も解説していきます。

>>PIXUS iP100のBluetooth設定

インク切れが早い?

そんなにカラープリントしていないのですが、カラーインクが無くなりました。

テストプリントしてみると、黒しか出ないのでおかしいなと思い何度か試してみたもののやっぱり黒しか出ません。Bluetooth接続している関係でインク残量のチェックは出来ないので、替カートリッジを購入してきて取り替えてみたら、全ての色が出たのでインク切れだと納得できた感じです。

そんなにカラープリントは使用していなのに無くなったのですが、黒だけでも光沢を出す為だとかで他の色も使われているらしいです。(確証は有りませんが)

それにしても、プリンターの電源を入れると結構長い時間作動していたり、テストプリントの時もインクの調整をしているからか時間がかかります。こういう時に、インクが無駄に消費されているように思ってしまうのは私だけでしょうか。