ASUSのネットブックを買い取りに出した結果

断捨離のつもりで買い取りに出したら意外と高値だった

パソコン関係を少し断捨離してみました。
いつのまにか増えているパソコン関係の機器類。気がつくとものが増えていて、本当に危機を感じます。笑

という事でノートパソコンがメインとサブのネットブックの2台持っていて、とある理由からサブが必要かと思って購入したのが1年前。でも、今となっては不要な長物といいつつ、コンパクトなASUSのネットブックなので場所は取りませんが。

でも、iPadがあれば事足りるという理由から、買い取りに出してみる事にしました。

買い取りへと旅立たせる前に、お清めをしてあげようと初期状態に戻そうとするも「回復環境が有りません」という理由で作業進ます。その上、USBメモリも持っていなかったので、リカバリもすぐにできないので、とりあえず、できる限り不要なアプリを削除してコジマ電気の買い取り部門へ。

以前もASUSのネットブックを買い取りに出したら上限額になったので、実績ベースでここにお願いすれば間違い無いだろうという気がしていたのですが、今回も期待に十分応えてくれました。

実に購入価格の50%以上での買い取り。
採算とれるのか心配になるのですが、買い取ってもらえる側としてはありがたいところ。

一緒に持って行ったモバイルチャージャーは、さすがに値段がつかなかったものの、下取りの場合なら、さらに10%アップしてくれるという良心的な部分もあるので、もしも、欲しいものが有れば、タイミングを合わせたらお得。

さすがに、断捨離という手前、また何か購入するのは避けたものの、パソコン関係は、身の回りに物が増えていくと、機能の便利さに反比例して不便を感じる事がありますが、物が減ってすっきりしてくると、別に無くても困らないなと思えますね。

でも、要らないと思って捨てた後に、「そういえば、アレ、どこやったかなぁ」と探す事も時々あるので、必要かどうかちゃんと確認しておこうと思っています。

にしても、ASUSは、タッチパッドを購入していまいち使いにくいというか画質も荒く、ネットブックも同じようなところがあったので次第に使わなくなってしまいましたが、やはり、リーズナブルな価格設定に釣られて購入してしまうと、結局、不要となってしまうような気がします。

その点、iPadは、高いけど利用頻度が多くて十分に元は取っているような気がしますが、ネットブックを減らした代わりにBluetoothのアップル純正ワイヤレスキーボードを購入したので、外出先でもiPadで十分な気がしています。

と、結局、断捨離と言ってものを減らしてもキーボードがまた一つ増えてしまって進歩が無いなと自分ながら思っている今日この頃です。