iPadで本を読む為の自炊の方法・注意点

iPadで本を読むようにする為の自炊方法まとめ

iPadで本を読む為の「自炊」について方法をまとめています。
自炊の直接的な作業以外にも、iアプリやスキャンが終わった本の処分方法など、参考情報や実際に行った方法などを元に情報を掲載しています。

レンタルした自炊セット使用やページ数の多い事典の自炊レポートなども掲載しています。

iPad用の自炊作業では、参考書や漫画本だけでなく冊子など、様々なものをデータ化して保存しておく事が可能です。しかも、PDFデータで保存できるので、パソコンやフラッシュデバイスへの保存も可能です。

本や書類をデータ化する作業を「自炊」と呼ぶのが浸透し始めていますが、私は、iPadを購入してPDF化しようと思うまで、その言葉すら知りませんでした。検索する時も「iPad 本 pdf化」と入力して検索していたので、中々答えとなる情報が見つけられず大変でした。

また、自炊に必要な裁断機とスキャナをどのように用意したら良いのかも決めていないところからのスタートでした。たぶん、同じように、「自炊したいけど方法がわからない」という状況の方は割りと居るんじゃないかなと思います。

iPadを購入したものの自炊が大変だと思っていたり、いまいち方法がわからずに足踏みしているという場合に、少しでも参考になればいいなと思ってます。

自炊のメリット

自炊をする事でのメリットを思い浮かぶ範囲で挙げてみました。

  • 部屋のスペースが広くなる
  • 本を並べる棚も不要になる
  • 大きさ別に並べる必要も無い
  • 引越し時の荷物を少なくでき手間も減る
  • 部屋の湿気などで劣化する心配も無い
  • 色あせる心配も無くなる
  • 地震で倒れる心配も無い(片付ける手間も無い)
  • 火事の火種が減る
  • 本を沢山購入したい時も躊躇しなくて良くなる

読み終わった本は、ブックオフなどに買取ってもらう事が多ければ、金銭的メリットは無くなりますが、どの道売れても二束三文なら、データ化してiPadの中に残しておいた方が何かと使い道はあると思います。

私は、要らなくなった本は捨てるようにしているのですが、読まなくなったが捨てられずに残しておいた本も自炊により躊躇無く捨てる事が出来たので良かったです。最近は、断捨離(だんしゃり)を心がけているのですが、部屋が簡素化されると気持ちもスッキリするものです。

iPadで閲覧する事のメリット

  • 沢山の本をデータとして一度に持ち運べる
  • 外出先で暇しなくて良い
  • 本のように嵩張らない
  • 必要な本をすぐ見つけられる
  • 必要なページはプリントアウトできる
  • 本を手で抑えておく必要が無い
  • 片手でページを変えられる
  • 閉じたページから引き続き読むことができる
  • メモを取りながらの作業も容易に出来る

これは、使用するiアプリのメリットも含まれますが、本のように手に持っておく必要も無くページを開いたままにしておけるので、読むのが大変楽だと感じられました。

そのページの情報を参考にしたり、または、食事中の両手がふさがってしまう時などでも、iPadで閲覧する事でのメリットは色々とあります。

自炊に必要な環境を用意する

400ページなら200枚の両面スキャンを行わなければなりません。これは、自動で処理しない限り、かなりの手間と時間のロス。
その為、自動処理する為の環境を用意しなければなりません。

  • 裁断機
  • スキャナ(自動スキャン機能)
  • パソコン

パソコンは大体持っていると思いますが、裁断機と連続スキャン可能なドキュメントスキャナは無い場合は多いと思います。私も複合機はありますが自動スキャンはしてくれません。

そこで、まずは、裁断機とスキャナをどうやって用意すれば良いのかですが、購入する場合は、割と結構な出費になります。

「購入は避けたい」と思っていたので、それらを借りる方法を探してみました。

  • 裁断機とスキャナのレンタルスペースの利用
  • 機械をレンタルする

まず、第一候補として考えたのは、自炊環境が用意された作業スペースを借りることです。iPadユーザー増加に伴い、こうした新たなサービスも増えているんですね。

これは、目的もまさにiPadユーザーにあるようなもので、「自炊レンタルスペース」として時間単価で借りられます。

価格は、地域によっても異なりますが、1時間で600円〜1,000円程度。
最初は、自炊レンタルスペースを利用する事も考えたのですが、それだといくつかの難点があります。

  • 本を運ぶのが大変
  • なれない作業でどの位時間がかかるかわからない
  • トータルで考えると高くなりそう・・・

すぐに利用できるというメリットはあるものの、本が沢山あれば運ぶのが大変です。利用後の処分についても考えなくてはなりません。しかも、自炊作業自体が初めてで1冊の作業にどの位かかるのかもわからないので、結構な金額になりそうな予感がしてました。

一日に集中して行うのも大変で落ち着きません。
という事で、レンタルスペースの利用は諦めて自炊セットをレンタルする事にしました。

自炊に必要なものがレンタルできる

裁断機とスキャナの両方を持っていれば、いつでも自炊が可能ですが、その反面、ものが増えるというデメリットがあります。しかも、本を一発でキレイにスパッと切ってくれるクラスの裁断機は大きくて重いものになってしまいます。

せっかく部屋の省スペース化の一環として自炊するのに、ものが増えるというのは避けたかったので、「一時的に用意する」という事で今回はレンタルを利用してみました。

レンタルは、裁断機とスキャナの「自炊セット」がレンタルできるスキャレン.comというところを利用したのですが、7日間のレンタルで4,490円+2,600円(往復送料)だったので、計7,090円ほどです。

  • 自炊セット(7日間レンタル):4,490円
  • 往復運賃(先払い・返送は着払い伝票):2,600円

レンタルスペースと価格を比較してみても、7日間利用できて自分のタイミングで作業できると考えると、仕事から帰ってきて一日2時間程度作業時間を作り、残りは土日でやりきるとして、最低1週間借りられてその金額はリーズナブルかなと思います。

という事で、スキャレン.comで「自炊セット(並)7」レンタルの注文しましたが、商品はすぐには届きませんので注意してください。利用者が増えていて順番待ちとなる場合がほとんどのようです。私の場合は、注文からの5日程かかりました。

  • 2013/01/24:注文予約
  • 2013/01/29:商品到着

そして実際に届いたのが、こちらのセットです。

箱も割りと大きく、結構重いです。
重さのほとんどは、裁断機自体の重さです。

>>自炊作業に必要な環境が整ったら、実際に作業に入ります